あさよみね

標高 2799m
白鳳峠→50分→広河原峠→40分→早川尾根小屋→3:00→アサヨ峰山頂→1:00→粟沢山(粟沢ノ頭)→1:00→仙水峠→30分→仙水小屋

アサヨ峰は地蔵岳から甲斐駒に続く早川尾根の上にある。
アップダウンの激しい、長い長い稜線歩きであった。
アサヨ峰

 白鳳峠からアサヨ峰へ
朝、稜線に出ると甲斐駒が


広河原峠


早川尾根小屋


鳳凰連山が見える

アサヨ峰山頂

BACK 鳳凰山

2001年107

今日は仙水峠まで行くつもりだが、予定歩行時間は7時間40分である。
昨日に比べたらのんびりできる。
テントの前で朝食をとっていたら、登山者が仙水峠のほうからやってきた。まだ6時半である。どこから来たのかと地図を調べてみると、ここから1時間半ほど先に早川尾根小屋というのがあるのだ。小屋までは意外と近いのだ
テントをたたんで、白鳳峠を出発したのは7時であった。
まず登りである。ピークは赤薙沢の頭。
大きな岩が重なっているピークであった。
ここから樹林の中の道を下る。
どんどん下って広河原峠に着いた。
20年前はこの峠で早川尾根縦走を断念したのだ。
ここからはほぼ水平な樹林の中の道になって、早川尾根小屋に着いたのは9時前であった。
ここで水を補給した。昨日泊まった白鳳峠には当然水場がなくて、ポリタンがほとんど空になっていたのだ。
早川尾根小屋からはいよいよアサヨ峰への登りになる。歩行時間3時間と書いてある。長い。
急な登りが続くのだが、そのなかでもけっこうアップダウンがあって、かなり疲れる。
ようやくピークに登り着いたと思ったら、その奥にアサヨ峰の山頂がそびえていた。
ここからさらにもう一登りしなければいけいのかと思うと、疲れがどっと出てしまう。
息を切らせながら登って行くのだが、行く手にはいつも甲斐駒が見えていた。下半分は雲に隠れている。
明日はあの山に登るんだ。雲海の上に浮かぶ八ヶ岳も見える。
急登が続くのだが、こんなすばらしい景色を見ながら行くのだから、なんの文句があろう。

アサヨ峰の山頂に着いたのは11時を少し過ぎた頃であった。
意外と時間が短縮できた。
山頂からは中央アルプスの山並みも見ることができた。
なによりもすばらしいのは甲斐駒ヶ岳の景色で、1時間もこの山頂にいてしまった。



 アサヨ峰から仙水小屋へ
粟沢山から登ってきた尾根を振り返る


栗沢山山頂


仙水峠が見えてきた


アサヨ峰からは岩場の稜線を行く。この険しい稜線を必死で登って行き、1時間ほどで粟沢山山頂に着いた。ここには三角点があった。展望を期待していたのだが、雲の中でほとんど何も見えない。でも、登って来た険しい岩稜は見えた。
栗沢山山頂からは仙水峠に向かってひたすら急下降するだけ。

ガラガラの大きな石の重なる道を駈けるようにして下っていく。まだかまだかというほど下って、ようやく仙水峠に着いたのは13時半であった。
仙水峠から甲斐駒を眺めるのを楽しみにしていたのだが、雲に隠れて見えなかった。
仙水小屋に着いたのは2時少し過ぎ。
3連休なので登山者が多いはずである。テントが張れるか心配だったのだが、時間が早いせいかテントは1張あるだけであった。
のんびりできる。
小屋からビールを買ってきて、1人で乾杯した。
20年来、果たせなかった早川尾根の縦走ができたのだ。
4時過ぎ頃になったら、人がたくさんやってきてテント場が満員になった。
騒々しくなった。



NEXT 甲斐駒ケ岳

BACK 日本アルプス全山縦走






総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介





2014/4/6 BY:kudougao











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO