おばこだけ

標高 1344m
2000年の5月の連休は関西の山を登ろうと思って出かけた。
金剛山、伯母子岳、釈迦岳、高見山、葛城山の5つを登った
伯母子岳は熊野古道から登り始める。
伯母子岳山頂

金剛山 伯母子岳 釈迦岳 高見山 葛城山

BACK 金剛山


2000年5月5日(金)

明るくなって、登山口を探してみると、川を渡った真正面の道がそうであった。暗くてこの道が分からなかった。
小辺路街道と書いてある。これは熊野古道である。

歩いていくと、道の真中に犬がいて、唸っている。無視して通り抜けようとしたら噛みつかれてしまった。痛かった。
この道は家の間を通って登っていくのだが傾斜はけっこうきつい。この集落自体がすごい急な斜面に建っているのだ。
杉の林の中に入って、道は登っていく。道幅は思ったよりも広くて、しっかりしている。古代からの熊野古道なのだからあたりまえかもしれない。
かって小屋のあった所へついた。萱小屋跡である。
まったく瓦礫が残っているだけである。ここでは休む気がしなかった。

2時間ほど歩いて、桧峠に着いた。ここは夏虫山の分岐になっている。細い道が尾根沿いに上っていた。ここから伯母子岳が見えるという。どれだろうと見回してみると、かなり遠くにある山がそうらしい。ここから40分と書いてあるが、とてもそんな時間では着きそうもないほど遠くに感じた。さらに歩いていくと、伯母子岳の本当の根元のあたりに道標があって、ここから頂上まで1.5kmと書いてある。とても予定の時間では着かないとそう思いながら歩いていったが、本当に40分で頂上に着いた。9時頃である。
頂上でパンを食べながら、ガイドブックを読んでいると、次に登る予定の釈迦岳が意外とここから近い所にあって、しかも登山に要する時間が4時間とある。これなら今日中に昇れるのではないかと思う。
急いで下山することにした。11時までに降りることが出来たら、1時前には伯母子岳の登山口には着けるだろう。





NEXT 釈迦岳
2003年伯母子岳登山


伯母子岳登山口


集落外れの石仏群


萱小屋跡


桧峠


伯母子岳山頂


山頂からの眺め



総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介










SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO