1992/6/21
標高 1966m

石狩岳は山中1泊しなければいけない山だ。
たった一人でテントを張って、その夜に見た星空はすばらしくきれいだった。
石狩岳

2007年夏の登山記録

石狩岳に登ることにした。

この山は日帰りが無理で、山中で一泊しなければいけない。
小屋はないのでテントとかの野営の道具一式をザックにつめて出かけるのだが、北海道の山には羆がいる。だから、テント泊の山は避けてきたのだ。
けっこう悲壮な決意で出かけることにしたのだ。

石狩岳は大雪山の東にある山で、釧路からは帯広まで行って、そこからから北上し、上士幌を通過して十勝三股まで行く。ここから林道が分かれて、林道を20分程走ると登山口に着く。この途中でニペソツ岳に向かう道がある。
今年の5月にニペソツに登ったが、雪がたくさん残っていて、ものすごく苦労させられた。北海道の春山を甘く見た報いだ。さて、この石狩岳はどうだろう。


6月20日

今回はガイドブックに従って、ブヨ沼のキャンプサイトで泊まる予定なので、1日目の歩行は4時間だけ。

釧路を出たのは比較的ゆっくりめで、7時だった。

登山口から歩き始めたのは10時40分。

樹林の中の道を行く。

1時間少しで水場に着いて、そこからさらに十石峠に向かう。1時50分到着。

ここからニペソツがきれいに見えた。先月の登山を思い出してしまう。十国峠からは「ユニ石狩岳」への道が分かれている。

せっかくピークがあるのだから、これを見逃すことはできない。

2時半に山頂に着いた。ユニ石狩岳からは残雪の石狩岳がすばらしかった。
展望はあるのだが、空にはどんよりとした雲がかかっていて、それが流れていく。大雪はよく見えなかった。

展望を楽しんでから十石峠に戻る。

まだ日が暮れるには時間があるので、キャンプ指定地のブヨ沼は通過して、行けるところまで行ってみることにした。

音更山に向かって稜線のアップダウンを繰り返す。

5時頃、眼前に音更山と石狩岳を見るピークに着いた。
展望もすばらしいので、今日はこのピークにテントを張ることにした。

今回持ってきたのは、一番軽いシェルター型のテント。

このテントは700gと軽いのだが、居住性がよくなくて、ただ、横になって寝れるだけのものだ。
当然、テントの中での炊事はできなくて、外で食事の準備をすることになる。

ともかく、景色はすばらしい。

すぐ真向かいに、堂々とした石狩岳と音更山がそびえている。そして、その左向こうには鋭いピークのニペソツ山。

この北海道の雄大な山岳風景を眺めながら食事をするというのは最高の贅沢ではないか。食べてるものはインスタントばかりでちょっとみすぼらしいけど。
ここはキャンプ指定地ではないので、テントを張っているのは自分一人。
持ってきた缶ビールをあけて、独り占めした北海道の雄大な山の景色に乾杯。
ビールの酔いが程よくまわって、いつのまにか寝てしまった。

真夜中、目が覚めた。

外に出てみたら、すばらしい星空が広がっていた。

宇宙の深淵がすぐ目の前にあった。見上げていると、吸い込まれそうになる。

たった一人で2000mの山頂にいる。
すさまじいばかりの星々の輝き、星たちのざわめきが聞こえてくるようだ。
この感動は何と表現したらいいんだろうか。

6月21日

朝、快晴。

5時半ころに起床。空気は澄んでいて、すばらしい眺めだ。
十勝三股方面は雲海に覆われていた。

そして昨日は見えなかった大雪山が雄大に広がっている。真向かいには残雪の音更、石狩が朝日で輝いている。その隣にはニペソツ。

見ていて飽きることがない。

おかげで出発が6時50分になってしまった。
いったん下って、標高差250mの急な道を登る。音更山山頂は8時少し前に着いた。
山頂で景色を楽しんでいたら30分もいてしまった。歩き始めたばかりだというのに。
音更山からは、いったん下る。ガレ場になって、歩きにくい。

シュナイダーコースの分岐9時15分。ここら石狩岳へ向かって最後の急な道を登る。
石狩岳山頂には10時少し前に着いた。
山頂には指導標がない。しかたがないので何もないところで記念写真。

持って来たビールで、今回のすばらしい山行に一人で乾杯。

10時半頃下山開始。
シュナイダーコースを下った。

ほとんど駆け下りるようにして、登山口に戻ってきたのは2時20分であった。

この間は相当な悪路で、ビデオを撮る余裕もなかった。


山頂の野営と残雪の大雪山系の雄大な景色、すばらしい山だった。



BACK 日本二百名山

BACK 私の北海道の山百選


石狩岳石狩岳登山口


登山道から石狩岳


十石峠


十石峠からユニ石狩岳


ユニ石狩岳山頂


音更山の手前のピークでテントを張った


下は雲海だった


音更山山頂


石狩岳への最後の急登


石狩岳山頂から振り返る




ニペソツ山


音更山山頂


大雪山遠望

石狩岳




総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介















SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO