茨城10 筑波山頂めぐりのみち 11筑波山めぐりから旧参道へのみち
つくばさん

標高 876m
筑波山に最初に登ったのは1995年であった。青森に住んでいたときである。この山に登るために東北自動車道600kmをとばしてやって来たのだ。その2年後にこっちに転勤になって、今は筑波山を眺めながら仕事をしている。
早朝の筑波山

 筑波山山頂から表参道を下る
御幸ヶ原に着いた


まず女体山に登る


女体山山頂


男体山山頂


筑波山神社


暗い道をバス停の急ぐ

BACK 関東ふれあいの道 筑波連山縦走のみち

2000年12月9日

裏筑波野営場から山頂までは、気分的に長かった。だいぶ疲れてきたのだ。
行く手には電波塔が立ち並ぶ山頂が見えてくる。山頂に着いたのは14時20分頃。
筑波山の山頂は2つあって、男体山と女体山という。その間の鞍部が「御幸が原」で、ここにはケーブルカーの駅があり、お土産屋さんも立ち並んでいる。2つの山頂に登る前にここで休憩して、ついでにビールも買って飲んでしまった。
まず女体山を目指す。人が多い。山頂には神社の社殿がどんと聳えていて、その奥が大きな岩の重なる頂上になっている。人が多くて記念写真は撮れなかった。
ここをあとにして、次は男体山に向かう。
山頂にはだれもいなかった。ここは山頂を完全にが神社占領していて、その下に山頂の指導標が立っていた。
男体山山頂には15時20分着。
だいぶ遅くなった。下山したら暗くなってしまいそうだ。
ケーブルカーの山頂駅の脇から下り始める。
3組のパーティが下っていた。
筑波山神社に着いたのは16時20分。薄暗くなってきた。
神社のすぐ下に、坂東三十三カ所25番札所の大御堂がある。せっかくなので、立ち寄って手を合わせた。
筑波山だけの登山ならこれでおしまいなのだが、今回は自然歩道を歩いている。自然歩道のゴールまでは、ここからさらに8kmほど歩かなければいけない。
神社からまっすぐ降りていくと、広い道に突き当たるが、これを横切って、家の間の本当に細い道を下る。最初、道がわからなくてあちこと探した。地図と照らし合わせて、この細い路地裏のような道しか考えられない。これが自然歩道のコースかどうかは自信が持てなかったが、歩いていったら指導標があって安心した。
このあたりで日が暮れた。暗い中を歩いていく。この細い道はけっこう情緒がある。すごく急な坂道なのだが、両脇にはびっしりと家が建っている。家は石垣に囲まれていたりする。
この道は旧筑波山登山道(筑波神社参道)だったのだ。なるほど、歴史を感じさせる道である。
真っ暗な中、2時間ほど歩いた。

国道125号線の北条に着いたのは6時20分で、真壁に向かうバスは5分前に出たばかりだった。
寒くて暗い中、バス停で次のバスを1時間待つことになった。





NEXT 関東ふれあいの道 果樹園の道

BACK 関東ふれあいの道 茨城

BACK 日本百名山







総合TOP My日本の山  My日本の道  日本の旅  自己紹介















SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO